2016/03/06 16:04:06 | firehallgallery

結婚などのイベントに参加する時の披露宴で着る物の種類として、訪問着という名称の着物を着る事が有名です。社交パーティーなどのイベントで着る用途として作られている事で、晴れやかに自分をアピールする手段として女性を中心に着こなしている事が多いです。
披露宴などで装着する訪問着は、他人に魅力的な花形などの紋章が通っていて、あらゆる着物の種類の中でステータスが高くなります。付いている花形の柄などに関しては腰の辺りから下部の方にまで通っていて、綺麗な柄をデザインしている事が特徴です。
若者が着る場合は、パーティー会場などで華やかな柄を付けた着物を装着する事が多いが、年配の人の場合は全体的に落ち着いた色の着物を着ている傾向です。年配の方が着る訪問着の場合は、落ち着いた柄をバランスよく付けている傾向です。
オーダーメイドで訪問着を作ってもらう場合、専門の業者と話しながら柄や色などを決めて作る場合が多いです。園遊会などの特殊なイベントでは、帯につける柄などの取り決めを行う事も多いです。担当の業者が利用するお客様と話し合って、園遊会などに参加する事に相応しい着物や帯のサイズを決めたり、様々なシーンで適切である訪問着を試着しながら自分に合った物を着る事で、披露宴などで相応しい自分をアピールできます。