2016/01/23 15:27:23 | ahacaia

着物というのは日本を代表する衣装で、見ているだけでも華やかで楽しくなってしまうものです。
最近はリサイクル着物なども普及し始めており、比較的安価で着物を手に入れることができるようになりました。洗える着物なども登場し、洋服のようにとはいかないまでも今までよりも手軽に着物を楽しめるようになったのは嬉しことですね。
しかし着物を手に入れたは良いけれどどう収納したら良いのかと悩むこともあるのではないかと思います。昔のように桐箪笥に入れて保管しなければならないのでしょうか。
そもそもなぜ桐箪笥が良いのかというと、着物というのは湿気を嫌うものだからです。桐というのは湿気を吸い取ってくれる性質があると言われています。また、防虫効果もあり、通気性も良いということから着物の保管に最適となったのです。そして着物を包んでおくたとう紙にも防湿効果があります。なので、一番良い保管方法は桐箪笥にたとう紙で包んで収納しておくということになります。
桐箪笥もかなりコンパクトなものが登場しており、マンションなどでも使いやすいでしょう。また、意外とホームセンターなどで売られているプラケースでも大丈夫なことがあります。プラケースに収納する際はしっかりと防虫剤を入れ、定期的に虫干しをするなどすると良いでしょう。